RDRA

(R)elationship  (D)riven  (R)equirement  (A)nalysis
Supported by (株)バリューソース

RDRA(ラドラ)はモデルベースのビジネスとシステムの可視化手法です

To-Beに向けると要件定義に使え、As-Isで活用すると既存システムの可視化に使えます

要件定義は要件を決めていく作業です。素早く決定するためには網羅的で整合の取れた要件を組み立てられる仕組みが必要です。

RDRAにはその仕組みがあります。詳しくはこちらから

RDRAには要件定義をシステマティックに進め、既存システムの整理をスムーズに行う仕組みがあります

その手法、その特徴と考え方のポイントを紹介します

Google スプレッドシートを使ってRDRAを定義する方法を説明します

表形式でのRDRA定義はダイアグラムの表現よりも自由度は減りますが、素早く定義できます

要件定義の進め方

要件定義を効率的に進めるステップを紹介

2024 coming soon)

既存システムの可視化

既存システムを可視化する方法を紹介

(2024 coming soon)

RDRA定義を分析する

定義したものを分析し不整合を課題を明らかにする

(coming soon)

RDRAツール

RDRA用ツールと使い方を紹介

RDRAの解説動画を集めています。

RDRAの事例をご紹介します。

RDRA関連書籍の情報

RDRA関連のブログ記事

RDRAを紹介した雑誌記事